漢方の歴史について

 

あなたは漢方の歴史について何かご存知ですか!?

 


また、漢方にはどのような歴史があるのでしょうか!?

 

まず漢方は、東洋医学の一つでもあります。

 

『東洋医学』
東洋医学とは、アジア諸地域で発祥した医学の総称になります。

 

漢方の他に中医学があります。

 

それにイスラム医学、チベット医学などが含まれます。

 

日本では東洋医学というと一般的に漢方を指すようですね。

 

その他には「鍼」、「灸」、「按摩」、「マッサージ」などが広く知られていますね。

 

漢方の元である中医学に関しては、今から約2000年以上前、「漢」の時代に中国で確立しました。

 

5世紀半ば頃までに中国から直接、日本へ伝わったと考えられています。

 

あるいは朝鮮半島を経由して日本へ伝わったとも考えられています。

 

日本では、オランダから伝わった西洋医学を「蘭学」と呼んでいます。

 

これと区別するのに「漢方」と呼ぶようにしました。

 

漢方は、日本に伝わったあと、平安時代の後期から日本独自の診断、処方が加えられています。

 

そして、日本独自の医療、漢方薬として発展しています。

 

江戸時代には、この漢方は、全盛期を迎えています。

 

しかし、明治以降に、鎖国により西洋の文化が伝来すると共に徐々に衰退していきます。

 

そして漢方薬に代わって西洋医学が主流となっていきます。

 

また西洋医学の試験の合格者のみ医師の免状が得られるという国の制度があります。

 

ご存知ですか!?

 

これによって、長い歴史を持つ漢方は、完全に西洋医学に取って代ることになります。

 

しかし、漢方が衰退する中でも漢方を支持する医師は、根強く存在しています。

 

絶滅には至らなかったものの、最近になって再び漢方の良さが見直されています。

 

統合医療の重要性が認められて、医療の現場でも積極的に取り入れられています。

 

医学部のカリキュラムに組み込まれるなどしています。

 

このように、ますます期待が高まってもいます。