主婦がキャッシングするには?無収入でも借りられる?

貸金業法が見直される前までは、専業主婦でも比較的簡単にキャッシングが利用できました。
自身が無収入だった場合でも、夫の仕事先や勤続年数、収入を申込用紙に書き込むことで、普通にキャッシング審査が受けられました。
主婦のキャッシングは、貸金業法が見直された現在でも、いくつかの手続を経ることで融資は可能です。
キャッシングをしても、年収の3/1を超えた融資は受けられません。
ですが、夫婦の年収として、配偶者の年収を申し込み用紙に書き、その1/3を上限額に借り入れることが可能です。
主婦がキャッシングを利用したい場合は、配偶者貸付という仕組みを使えばいいわけです。
配偶者貸付て融資を受けるためには、配偶者の同意書、婚姻関係を示す書類などを用意しなければなりません。
つまり、夫に秘密でのキャッシングは不可能です。
キャッシングが主婦にとって行きづらい場所になったのは間違いないようです。
主婦がお金を借りたい時はどうすればいいのでしょう。
キャッシングほどバッとお金を借りることはできませんが、銀行からお金を借りるというやり方は可能です。
アコム比較